忍者ブログ
AdminWriteComment
相撲、テニスを中心とした雑記。 脈絡のない内容多し。
No.
2017/09/22 (Fri) 22:24:41

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.118
2012/01/11 (Wed) 21:30:19

本当に背筋が寒くなった。
本日四日目、把瑠都に若荒雄の取組。
激しい攻防の末、赤房下に送り出される若荒雄。
しかしその右腕の先には庄三郎が・・・
体当たりではなかったものの、体重を浴びた庄三郎は仰向けのまま土俵下に転落。
土俵下でぴくりとも動かない庄三郎。最悪の事態が起きたのかと思ってしまった。
そのまま起き上がれず、診療所の医師も来て、担架で運ばれて行きました。

後にNHKから「意識はあり、手足も動かせる。精密検査の為都内の病院に搬送」
と続報は入ったが、打った場所が場所だけに油断は出来ない。(数年前病気も患い、痩せているし)
これからもまた元気な裁きが見れるよう願っています。


力士が当たっての転落事故となると、最近では
平成13年名古屋隆乃若-玉乃島の式守錦太夫だろうか。
この一番は右足が寄り倒された玉乃島の下敷きとなり、骨折したもの。
ちょっと遡れば、有名な筆之助がいる。何度も転倒したが、
足が縺れて後ろ向きに倒れてしまったこともあるし、背中から土俵下に落ち、軍配を上げられなかったこともある。脳震盪というのは筆之助以来か。

他にも玉之助は大内山の長い足に跳ね飛ばされて、軍配を上げられなかったことがある。
遡れば18代庄之助は大正13年夏六日目に、常ノ花の出し投げを食った三杉磯に激突されている。
立行司木村瀬平は控えにいる所、転落してきた力士の下敷きとなり昏倒。数日後心臓麻痺で急逝している。


まったく相撲を取る力士だけでなく、裁く行司も命懸けですね。改めて尊敬します。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/13 ピオリーヌ]
[07/10 清之助]
[04/08 Demarlo]
[07/12 つつ]
[03/29 葉室顕隆]
最新TB
プロフィール
HN:
ピオリーヌ
性別:
非公開
自己紹介:
気が付いたら社会人になってしまった。

相撲、テニス、歴史、ふと思ったことなどをつらつらと書いていくつもりです。



バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]