忍者ブログ
AdminWriteComment
相撲、テニスを中心とした雑記。 脈絡のない内容多し。
No.
2017/09/22 (Fri) 22:18:20

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.45
2010/09/11 (Sat) 07:21:45

相撲ファンなら誰しも、鳥肌が立つ一番というのは数多くあるでしょう。

今回取り上げるのは

昭和59秋14日目 多賀竜-若嶋津

です。

蔵前国技館最後のこの場所、焦点は前場所全勝優勝している若嶋津の綱取りであった。
六日目大乃国、十二日目小錦に敗れるも
トップは一敗の平幕多賀竜。続いて二敗で若嶋津と平幕小錦。
上位陣不調の中、チャンスは十分と思えた。

そして二敗若嶋津と一敗多賀竜の直接対決。

 普通に考えれば若嶋津が勝ち、次の一番で千代の富士が小錦を止め、

若嶋津が綱へ大きく前進するはずだった。

裁く行司は式守伊三郎。

凄い歓声の中、
立ち合い一回目は多賀竜が突っ掛け合わず。

そして二回目。
鋭い立ち会いから多賀竜が強く右からおっつける。
そして十分の右四つに。
若嶋津は上手こそ取っているが不十分の右四つで腰も高い。

多賀竜が上手を引き猛然と正面に出る。なんとかまわりこむ若嶋津。

さらに多賀竜は攻勢。赤房下に出る。またもや残す若嶋津。

場内大歓声。若嶋津は上手が一枚。苦しい。

多賀竜勇を奮って正面に出る。

杉山アナの実況
「これではまだ苦しい若嶋津、多賀竜出る!出る!多賀竜の勝ち~!大関若嶋津横綱への夢が絶たれました」

右の差し手を突き付け、堂々土俵下へ寄り倒し。

多賀竜本人が「200%の力が出た」と言うほどの大相撲。

結果を知ってて見ても鳥肌が立ちます。

杉山アナの実況も、行司式守伊三郎も最高です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/13 ピオリーヌ]
[07/10 清之助]
[04/08 Demarlo]
[07/12 つつ]
[03/29 葉室顕隆]
最新TB
プロフィール
HN:
ピオリーヌ
性別:
非公開
自己紹介:
気が付いたら社会人になってしまった。

相撲、テニス、歴史、ふと思ったことなどをつらつらと書いていくつもりです。



バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]