忍者ブログ
AdminWriteComment
相撲、テニスを中心とした雑記。 脈絡のない内容多し。
No.
2017/10/21 (Sat) 14:00:47

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.31
2010/08/18 (Wed) 22:03:17

 http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2010/08/07/14.html


北葉山に続き元大関の訃報です。
昭和17年生まれの元大関大麒麟が亡くなりました。

大麒麟も北葉山に似て吊り、うっちゃりを得意としていました。
柏戸を何度となくうっちゃったあたりも共通しています。

対戦成績は大麒麟9-8柏戸とリード。
初対決の41夏も西土俵を背にして見事にうっちゃっています。この映像は協会のHPやNHKのDVDでも見れます。

他に麒麟児の相撲で思い出すのは43春14日目豊山戦ですね。
悲願の初優勝に燃える豊山を俵の手前からうっちゃった。大きく足を踏み出して豊山は無念の黒星。

この一番のように、大麒麟は土俵の中央辺りからも強引にうっちゃりを試みましたが
それもまた魅力です。40九大豪戦のように潰されて自滅した取り組みもありますがそれもまた愛嬌。
今では土佐豊が似たような相撲ですかねえ。しばしば土俵際縺れる垣添戦は毎場所注目しています。

無論吊りも魅力です。大関を決定づけた45秋の貴ノ花戦、などなどあります。もろ差しでの吊りが目立ちました。なかなかスピード感のある吊りでしたね。

ただ私が推したい一番は47夏千秋楽輪島戦です。
既に初優勝を決めている関脇輪島との一番。
輪島の出し投げからの攻めを残して大熱戦。最後は右からの掬い投げで力尽きた輪島を横転させました。

進境著しい若手に意地を見せ、11勝をあげた大麒麟。なんとも頼もしく見えました。






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[07/13 ピオリーヌ]
[07/10 清之助]
[04/08 Demarlo]
[07/12 つつ]
[03/29 葉室顕隆]
最新TB
プロフィール
HN:
ピオリーヌ
性別:
非公開
自己紹介:
気が付いたら社会人になってしまった。

相撲、テニス、歴史、ふと思ったことなどをつらつらと書いていくつもりです。



バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]